マインドフルネスを知る

マインドフルネスのやり方とは?秘訣や方法を徹底解説!

マインドフルネスやり方

近年耳にするようになったマインドフルネスは、今この瞬間の自分の体験に全ての集中を向ける考え方です。目の前のことだけに集中することで得られる精神的効果は、現代人にはとても大事なものといえます。大手企業でも取り入れているマインドフルネスは、様々な方が実践している自分を上げることができる考え方です。ストレス軽減や集中色アップ効果を得て、最高のパフォーマンスで過ごせる自分になってみませんか。

速読ちゃん
速読ちゃん
マインドフルネスの意味ややり方を、詳しくご紹介いたします。

マインドフルネスを利用して速読力を鍛える!
黒石浩子のマインドフルネス速読が大人気

マインドフルネス速読300

マインドフルネス速読の無料体験

心を整える手法「マインドフルネス」

マインドフルネスのやり方のご紹介の前に、マインドフルネスの意味をご紹介します。マインドフルネスというのが心を整えるための考え方であり、手法ではありません。今この瞬間の自分の体験に全ての集中を向けている状態であり、スポーツ選手が「ゾーンに入っている」という言い方をしますが、この状態がマインドフルネスに近い状態といえます。

マインドフルネスとは
マインドフルネスとは?得られる効果や実践方法を徹底解説!近年耳にすることが多くなった「マインドフルネス」という言葉は、誰もが1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ストレスが軽くなる、集...

雑念を一切持たずに気持ちをリラックスさせて、目の前のことのみに集中することができる、精神が研ぎ澄まされた状態です。一見難しく聞こえるかもしれませんが、無理をしない状態によりストレスが溜まることもなくなり、自分の力を最大限に発揮することができる状態になります。

普段の私達の生活の中では、不安や葛藤が多くあります。常に色んなことを考えているので、雑念に溢れている状態です。雑念がたくさんある状態なので、ストレスばかりが溜まっていき本来自分ができるはずのパフォーマンスが落ちてしまっているのが現状です。この状態を無くすことができるのが、マインドフルネスです。

マインドフルネスのやり方

ストレスや雑念を一切無くす状態とするマインドフルな状態は、どのように行うのでしょうか。マインドフルな状態にするやり方というのは、マインドフルネス瞑想です。

マインドフルネス瞑想は、文字通り瞑想を行う方法です。心が整った状態へとみちびき、マインドフルな状態とします。

難しいやり方は一切なく、ヨガの様にできるので誰でも行うことができる瞑想です。ヨガというと手や足を組んだりなど難しいことを行うイメージを持つかもしれませんが、マインドフルネス瞑想はとても簡単なやり方で行います。慣れてくると、いつでもどこでも簡単にできる瞑想方法です。

マインドフルネス瞑想のやり方

マインドフルンス瞑想は、とても簡単な瞑想です。姿勢と呼吸の仕方さえ覚えるだけなので、とても簡単な瞑想方法といえます。どのように行うのか、ポイントを以下にご紹介いたします。

姿勢の仕方

姿勢は、立ったままでも座っていても、どちらでも行うことができます。簡単な方法は座る方法なので、最初のうちは座って行うことでリラックスしやすくなることができます。椅子に座った場合は、無理をしない程度にせ指示を伸ばし肩の力を自然な感じで抜きます。その後、眠るように目をつぶってリラックス状態になります。意識は体の方に向けて、手やおしり、太ももなどが触れている状態の感触を感じるようにしましょう。

立って行う場合は、肩幅に足を広げて後ろに手を組んで「休め」の状態になります。膝にはあまり力を入れないようにし、リラックスした状態で立つようにしましょう。

呼吸の仕方

マインドフルネス瞑想の中で1番大事となるのが、呼吸の方法です。自分の呼吸にのみ注意を向けて、それ以外のことには注意を向けないようにします。呼吸にだけ注意を向けることで深呼吸気味になる人もいますが、あくまで通常の呼吸を行って注意を向ける方法なので間違わないようにしましょう。

自分の呼吸にだけ意識を向けるというのは、実際行ってみると簡単にできない方もいます。そんな場合は、呼吸をすることでお腹が凹む状態に意識を向けることで、自然な呼吸を行うことができます。呼吸に意識を向けている時に他にことに意識が向いてしまった場合は、マインドフルネス瞑想を一度中止して時間をおいて頭の中をスッキリさせましょう。落ち着きを取り戻してから、度マインドフルネス瞑想を行うようことで、効果的なマインドフルネス瞑想とすることができます。

瞑想を行う時間の長さ

マインドフルネス瞑想を行う際の時間の長さは、自分に合った時間で行うことが1番と言われています。はじめて行う方は集中力が続きにくいので、10分くらいかはじめると良いでしょう。

NHKでマインドフルネス瞑想を取り扱った番組でも、10~15分程度の時間で行うことが良いと紹介されていました。

ある程度慣れてきたら、徐々に時間を伸ばして慣れていくと良いでしょう。自分の状態に合わせて時間を調整して徐々に長く行っていくことで、さらに大きな効果を得ることができます。最終的には、30分程度行うようになることが理想と言われています。30分というのは想像以上に長いので、まずは10分から初めていき無理のない程度に時間を伸ばしていくと良いでしょう。

マインドフルネスを利用して速読力を鍛える!
黒石浩子のマインドフルネス速読が大人気

マインドフルネス速読300

マインドフルネス速読の無料体験

黒石浩子
黒石浩子はどんな人?経歴や年齢、マインドフルネス速読の黒石浩子を調べてみたどれだけ素晴らしいサービスであっても、そのサービスを提供している人が「怪しい人」だった場合…やはり利用する気がなくなってしまいますよね。...
RELATED POST