マインドフルネスを知る

マインドフルネスとは?得られる効果や実践方法を徹底解説!

マインドフルネスとは

近年耳にすることが多くなった「マインドフルネス」という言葉は、誰もが1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ストレスが軽くなる、集中力が高まる、自律神経の回復など、様々な脳のリフレッシュ効果が実証されており、今の現代だからこそ注目されています。政府の期間の研修でも取り入れているところもあり、マインドフルネスというのは身近な存在になりつつあるといえます。

速読ちゃん
速読ちゃん
そんなマインドフルネスとはどのようなことなのか、わかりやすく解説していきます。ちなみにマインドフルネス速読はマインドフルネスを活用しています。

マインドフルネスを利用して速読力を鍛える!
黒石浩子のマインドフルネス速読が大人気

マインドフルネス速読300

マインドフルネス速読の無料体験

マインドフルネスとは

マインドフルネスというのは、身体の五感に意識を集中させて今の気持ちや身体状態をそのまま知覚して受け入れる心を育てる練習のことです。

今の気持ちや身体の状態を受け入れるということは、自分はできていると思う方もいると思います。しかし、受け入れているようで実際には受け入れられておらず、過去や未来のことばかりを考えている状態が大半であり、心ここにあらずの状態が大半を占めているのが現状です。過去や未来のことばかりを考えている状態というのは、不安やストレスを増幅させている状態となっています。そのような心ここにあらずの状態から抜け出して、今へ心を向けた状態へとみちびくのが、マインドフルネスです。

マインドフルネスを構成している2つの要素

マインドフルネスというのは様々な方々が色んな定義を提唱しており、共通する2つの要素があるといわれています。その2つの要素というのは、以下が挙げられます。

自分への判断をしない

機械的な判断をしないというのは、今自分がどんな状態であっても評価や判断を一切しないで全てを受け入れる気持ちでありのままに観察することです。私達は日常的に、良いや悪いなどの判断を自分のできごとや状態に対して評価をしてしまいます。この判断により俯瞰で視点を持つ事が困難となってしまい、偏見や不安などの感情に左右されて機械的な反応をしてしまうことがあります。

余計な判断を一切せずにありのままを受け入れて過ごすことにより、自分の状態や出来事をはっきり見ることができるようになります。それにより、適切な対応が可能となっていくと考えられています。

今のこの瞬間に意識を向けるようにする

過去や未来のことを考えずに「今この瞬間」に意識を向けることにより、外部のことに余計な気を取られないようになります。そのため、穏やかな心になり洞察力向上へとみちびかれます。また、注意力の浪費が少なくなることにより、不安や恐怖に襲われた場合でも冷静に対応できるようになるといわれています。

マインドフルネスの実践で得られる効果

マインドフルネスを行うことにより、以下の効果を得ることができます。

  • 集中力向上
  • 記憶力向上
  • 作業処理スピード向上
  • ストレス遺伝子の数の減少
  • 抗炎症効果

精神的な安定の他に身体的な効果も発揮し、現代の人間に必要な様々な効果が期待できます。

マインドフルネスの実践方法

マインドフルな状態になるための実践方法は、「マインドフルネス瞑想」です。マインドフルネス瞑想はどのような瞑想なのか、以下にご紹介していきます。

マインドフルネス瞑想とは

マインドフルネス瞑想の凄い部分といえば、たった1回の実践でも一時的なストレス軽減やリラックス効果を得ることができるところです。毎日行うことにより、毎日の脳の疲れを取り除くことが期待できます。そのため、毎日実践されることが基本となっています。

マインドフルネス瞑想法
マインドフルネスの瞑想法。簡単に心を整えることができる瞑想法やポイント!最近注目を集めているのが、マインドフルネスです。書籍も多く出版されており、現代の皆さんが抱えているストレスを綺麗に取り除くことができると...

マインドフルネス瞑想は、シンプルなやり方という部分がおすすめのポイントといえます。しかし、実践する人の心の態度が重要となり、積極的に毎日取り組む意志が重要となります。心の態度により効果の出方に差が出るので、成果が出ていないように思える場合もあります。マインドフルネス瞑想は継続実践がとても重要なので、成果が出ていないと思っても毎日続ける忍耐力が大事となります。そのため、続けることにより得られる集中力やリラックス効果の他に、意志の強さなどの忍耐力も得ることができるといわれています。

マインドフルネス瞑想おすすめ方法「静座瞑想法」

マインドフルネス瞑想には、様々な方法があります。中でも誰でもチャレンジができる「静座瞑想法」という方法をご紹介いたします。

静座瞑想法
  1. 静座瞑想法は、頭と首と首筋が一直線になるよう、床や椅子に垂直に座ります。
  2. その後、注意を呼吸のみに集中して瞑想を行っていきます。
  3. 最初は、1日1回10分からはじめてみましょう。
  4. その後、慣れてきたら少しずつ時間を延ばしていき、最終的には30分以上集中できるようになりましょう。
  5. 呼吸に集中できるようになってきたら、注意する部分を身体全体や頭に浮かぶ思考に向けていきましょう。
  6. 最終的には、完全に意識を解放して、何にも注意を向けずに座っているだけの状態となります。
マインドフルネス呼吸法
マインドフルネスの呼吸法。雑念いっぱいの方でもできる呼吸法の仕方とポイントマインドフルネス瞑想に1番大事なのが、呼吸の方法です。呼吸法さえしっかりと熟知することで、誰でも簡単にマインドフルネス瞑想ができます。マ...

マインドフルネス瞑想は難しくない

マインドフルネス瞑想は難しそうに聞こえるかもしれませんが、静座瞑想法のように簡単な方法も多々あります。静座瞑想法は、1日1回最低10分背筋を伸ばして楽な気持ちで座り自分の呼吸に集中して過ごすという流れなので、誰でも気軽にできるマインドフルネス瞑想です。最終的には30分以上座っていられるのが理想ですが、そこまでのプロセスは少しずつ時間を延ばしていくようにし、無理して時間を延ばさないようにしましょう。

あくまで集中できる時間が大事なので、集中できる範囲で時間を徐々に延ばしていくという考えです。軽い気持ちで初めていき、効果的なマインドフルネス瞑想を取り入れましょう。

マインドフルネスを利用して速読力を鍛える!
黒石浩子のマインドフルネス速読が大人気

マインドフルネス速読300

マインドフルネス速読の無料体験

黒石浩子
黒石浩子はどんな人?経歴や年齢、マインドフルネス速読の黒石浩子を調べてみたどれだけ素晴らしいサービスであっても、そのサービスを提供している人が「怪しい人」だった場合…やはり利用する気がなくなってしまいますよね。...
RELATED POST