マインドフルネスを知る

マインドフルネスは寝ながら瞑想も可能!リラックスした状態で最大効果を得よう!

寝ながらマインドフルネス

マインドフルネス瞑想の仕方は、座って行ったり立ったままで行うことが定番となっています。しかし、もう1つ効果的な体制があります。それは、寝ながら行うことです。寝ながらマインドフルネス瞑想を行うことができるのであれば、楽に瞑想ができると思う方もいると思います。

マインドフルネス瞑想法
マインドフルネスの瞑想法。簡単に心を整えることができる瞑想法やポイント!最近注目を集めているのが、マインドフルネスです。書籍も多く出版されており、現代の皆さんが抱えているストレスを綺麗に取り除くことができると...
速読ちゃん
速読ちゃん
マインドフルネス瞑想を寝ながら行うこととはどのような方法なのか、詳しくご紹介していきます。

マインドフルネスを利用して速読力を鍛える!
黒石浩子のマインドフルネス速読が大人気

マインドフルネス速読300

マインドフルネス速読の無料体験

マインドフルネスの瞑想は寝る前に行うことで様々な効果を得ることができる!

瞑想というのは、朝や寝る前に行うことが効果的と言われています。特に寝る前に瞑想を行うと、高いリラックス効果を手に入れることができます。睡眠の質を上げることができることにより心身の疲れが取れやすくなるので、活動的な次の日を過ごすことができるようになります。

寝る前に瞑想を行うと眠くなる方には、おすすめできないタイミングとなります。しかし、寝つきが良くない方、眠る前に色々考えてしまう習慣がある方には、眠る前の瞑想をおすすめします。また、寝る前のリラックスしている時間というのは呼吸が深くなりやすい傾向があるので、瞑想初心者の方は瞑想しやすい状態で取り組むこともできます。

寝る前に瞑想を行うことにより、以下のような効果を得ることができます。

  • 寝酒の防止
  • 寝る前の可食の防止
  • リラックス効果
  • 疲れが取れやすくなる
  • ぐっすり眠ることができる

寝る前に眠くなりにくい方は、是非寝る前のマインドフルネス瞑想を行うことをおすすめします。

寝る前のマインドフルネスの瞑想に最適行いかた「寝ながら」

寝る前に行うマインドフルネス瞑想は、一般的には座って行ったり立って行います。もう1つおすすめできる方法は、寝ながら行うことです。寝ながら行うことで、マインドフルネス瞑想終了後にそのまま眠ることができる大きなメリットがあります。また、寝つきが良くない方は、瞑想を行った後のリラックス状態によりスムーズに眠ることができるようになります。

眠るということへスムーズにみちびくことができるので、質の高い眠りへとみちびくことができます。ぐっすり眠って疲れを取ることができるので、翌日はシャキッとした充実した日を送ることができます。

寝ながら行うマインドフルネス瞑想の方法

寝ながら行う、マインドフルネス瞑想の方法は簡単です。

楽な気持ちでリラックスした状態となって、仰向けに寝ころびます。あとは一般的なマインドフルネス瞑想と同じ方法となり、目をつぶって7秒ほど吐いて10秒ほどかけて吸う呼吸方法を繰り返して行っていきます。呼吸のみに集中するように意識し、余計なことは考えないようにしましょう。初心者の場合は10分程度続けて行うようにしていき、最終的には30分ほど続けて行うことが理想となります。

マインドフルネス呼吸法
マインドフルネスの呼吸法。雑念いっぱいの方でもできる呼吸法の仕方とポイントマインドフルネス瞑想に1番大事なのが、呼吸の方法です。呼吸法さえしっかりと熟知することで、誰でも簡単にマインドフルネス瞑想ができます。マ...

寝ながら行うマインドフルネス瞑想なので、瞑想が不十分な状態で寝落ちしてしまうことがあります。十分な瞑想が出来ていない場合、マインドフルネス状態へ導く効果が出にくくなってしまいます。寝落ちしてしまう癖がある方は、座って行うやり方をするようにしましょう。

寝ながら行うマインドフルネス瞑想を行う際のコツ

寝る前に寝ながらマインドフルネスを行う際は、以下のコツを把握しておくとスムーズにできるようになります。

静かな状態で行う

瞑想は雑念を頭に入れてはいけないので、静かな状態で行うことが大事となります。寝る前に寝ながら瞑想を行うので、寝ないようにTVや音楽をかけて行おうと思う方もいるようですが、余計な音がある空間で瞑想を行っても高い効果を発揮させることはできません。必ず周りを静かにして、落ち着いた環境でマインドフルネス瞑想を行うようにしましょう。

眠くなる場合は目を開けたままでもOK

寝る前に目をつぶって瞑想をすると、そのまま眠くなってしまうことがあります。眠くなってしまっては全く意味がなくなってしまうので、眠くなる場合場目を開けたままで瞑想を行うようにしましょう。目を開けると色んなものが目に付くので、かえって集中できないという場合もあります。そんな場合は、薄目を開けて行うと良いでしょう。

長く息を吐くことを意識する

マインドフルネス瞑想の呼吸は、一定の時間をかけて長く息を吐いていきます。普段の呼吸法よりも長い息の吐き方なので、最初のうちは慣れずに難しく思うかもしれません。そんな場合は吐いたり吸う時間にとらわれず、長く息を吐くことを意識して行ってみましょう。

雑念が沸いた場合

寝ながら行うと色んなことを考えてしまうものであり、余計な雑念が頭に浮かぶことがあります。マインドフルネス瞑想は、余計な雑念を考えずに呼吸に意識を向けないといけません。もし、雑念が浮かんでしまっても固く考えないようにしましょう。雑念を軽く追い払うような考え方で、頭の中から遠ざけていくと良いでしょう。

瞑想に集中できているのか不安な場合

瞑想というのは慣れていないことなので、マニュアル通りに行っているつもりでも正しい方法となっているのか不安に思ってしまう場合もあります。瞑想のやり方に不安を感じる場合は、瞑想する日ごとに瞑想のポイントを絞って対応していくと良いでしょう。例えば、息を長く吐こう、体の力を抜こうなど、その日ごとにテーマを決めてクリアしていくと正確に行うことができるようになります。

マインドフルネスを利用して速読力を鍛える!
黒石浩子のマインドフルネス速読が大人気

マインドフルネス速読300

マインドフルネス速読の無料体験

黒石浩子
黒石浩子はどんな人?経歴や年齢、マインドフルネス速読の黒石浩子を調べてみたどれだけ素晴らしいサービスであっても、そのサービスを提供している人が「怪しい人」だった場合…やはり利用する気がなくなってしまいますよね。...
RELATED POST